2009年11月22日

天然

91122-1.jpg


M.Jの話題が続いて申し訳ないのですが。

もう二度と映画館で「THIS IS IT」は観ることができないだろう、と書いたばかりなのに、
先日、同性の友だちにどうしても、と誘われ、ついに3回目を観に行く羽目に。

気が進まないながら承諾したのは、
その同性・同年の友だちの1人もまたすでに2回観ていて、
やはり私と同じく1度目よりも2度目の方が泣けて仕方がなかった、というので、
それなら「遠慮なく二人で号泣してくるか」と。
お互いに「同じ映画を3回も観に行くなんて生涯初」である。

私の場合は常にM.Jに対しては贖罪の思いがあり、それが観るたびにますます強くなる。
が、それまでM.Jのことはほとんど興味もなかったけれど今回誘われて初めて映画で知って、
いたく感動したという数人の年若い友人・知人たちも
「マイケルに対して、今まで申し訳なかったという気持ちになった」と言うので驚いた。
それほど―私がこれまで考えてきた以上に、M.Jに無関心の人間たちにまで
彼の尊厳を踏みにじるマスコミ報道が浸透していたということらしい。

予想していた通り、二人とも嗚咽した。泣いた。
2回目より、さらにさらにやりきれない思いや悔しさ、
痩せ細った体で、それでも力強く歌い踊るM.Jが哀しかった。
おかげで、観終わった後は喪失感から本当に気持ちが塞いでしまう。
が、結果として多分これでDVDが発売されても買うことはないだろうと確信したので、それはそれでよかったかも。
映画館の大画面で、3回とも最もいい席で堪能したので、今さらTV画面で観たいとは思えなくなった。

そして、これは初回から感じていて、今回さらに思いが強くなったのは、
彼がいまだへこたれていなかった、という事実に対しての驚き。
いや、本当に驚きだ。

あれほど不条理な、酷い訴訟騒ぎにあってもなお、環境問題に対して高い理想を謳うとは。
普通の人間であれば、あれほどの目に逢ったら、もう理想をいだき続ける勇気をなくすだろうし、
それを公言することでまた利用されたりマスコミ批判の的になるのではと疑心暗鬼になったりして当然と思うのに、
フィルムの中のM.Jは、少なくとも表面的には、その悲惨な体験が少しもかげりを落としていなかった。
相変わらず純真で、まっすぐで、恐れを知らない子どものようだった。

それがM.Jの精神の強靭さの証明なのか、
それとも―恐ろしいまでの「天然」なのか―この点は疑問として残り続けた。
いや、「天然」に勝る強さはないという証明なのか―

165-a.jpg


私はいつも冒頭一番最初の「WBSS」で泣いてしまう。
哀しくて、ではなく、
臨場感あふれる大画面のなかにいきなり現れるM.Jの、その存在感に圧倒され、
まさしく「ブカレスト」の観客の女の子の「あわわわわわ」状態になってしまい、
そして「ミュンヘン」の観客の女の子のように、あまりのオーラ、
あまりのかっこよさに感動のあまり涙茫々。
ライブのDVDや動画を見慣れているから、
フィルムの中のマイケルがいかにゆるゆる加減しながら歌い、
踊っているかよくわかるのに、
それでもこれほど激しく感情を揺さぶられるのだから、
もし―実際にコンサートが行われて観ることができたとしたら―
おそらく私は「WBSS」冒頭で失神間違いなし。
と、確信。
せめて、いや絶対「Smooth」までは意識を保ちたいものだけれど。

ところで、3回2つの映画館で鑑賞して感じたこととして―

相変わらず観客の年齢層が幅広いことがおもしろい。
男女半々はわかるとして、
下は中学生のグループから上は70代と思われる人まで、
それは実際のM.Jのコンサートの観客層と同じ。
コンサートの客席にも、親に連れられた幼い子ども、
M.Jの親のような年代の人がよく映っている。
会場を待つ人の列を見ると、
その年齢層の幅広さで普通なら一体何の映画なのか見当もつかないと思う。
これがアメリカ人のエンターテイナーの「未完成作品」の
ドキュメント映画なんだから、素朴にすごいなと思う。

それと、一人で観に来ている人が多い。
特に初回封切の時は6、7割は一人に見えた。
多分、考えていることは私と同じ。
心置きなく一人で観たいのと、万一大泣きしたら罰が悪いから・・・

3回ともエンドロールが流れる間もほとんど誰も席を立たなかった。
そして照明がつく直前に拍手が起こる。
(今回は私と友だちが率先して拍手したかも。でもほとんどの人が続けて拍手した)

そして―そそくさと席を立てず、放心、脱力、嗚咽・・・の観客多数。
(私と友だちも今回はその部類)


「シアター」である以上、シアターのマナーを守って見続けるのは辛い映画。
フィルムコンサート形式の上映が企画されていると言う。
ぜひ実現してほしい。行きたい。
遠慮なく「あわわわわわ」して、かっこよさに涙し、
1曲1曲に拍手して、彼の死を悼んで号泣し、
最後は「King of Pop!」とシャウトできたら、
なんだか今度こそ気持ちに踏ん切りがつくような気がするのだけど。

というか・・・・今さらながらに、「今さらM.Jのファンになろうとは」と、
そのあまりな救いようのなさに自分で自分に絶望している・・・

1005s.jpg

      いかにも「肉体労働してます」的な「HIStory」ツアーが好き・・・・

ニックネーム Lin at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント