2009年12月31日

memorial year 2009

落ち着かない1年だった。

特に6月下旬のM.J急逝は、
ただ単に好きだったアーティストの死の衝撃というより、
現代社会の暗い面や自分自身の心の弱さを改めて痛感させられ、
これまで普通に信じてきた価値観を根底から考え直す羽目になった。
(そう、「羽目に」。そんなことはあまりないほうがいいと思う)
M.Jの死については、いまだ割り切れない怒り、哀しみ、後悔がつきまとう。
その後の半年は、映画公開だのDVD発売だのと、M.Jの死の商戦にいいだけ振り回された気がする。
彼の死によって一番得をしたのは誰なのか、と考えると本当に複雑な思いがぬぐえない。

私が思ってきたほど、世界は良心的ではない―
まだごく年若い頃キリスト教に触れ、その宗教が言う「罪」とはどういう意味なのか、
これまでわかっていた気でいたけれど、実際はそうではなかった。
今回のM.Jの死で、やっと実感としてわかった。
自分自身も含めて、世界は裏切りと悪意で満ちていることを知ることとなった。

でも、M.Jの死によって、唯一素晴らしいと思えることもあった。

音楽の実践から離れて以来20年、私はもう本気で音楽を聴くこともなくなっていた。
バンドやスタジオやステージから離れたとたんに、
なんだか今の楽曲にも過去の楽曲にもすっかり失望してしまった。
たまに聴く音楽といえば、子どもの頃から親しんでいたクラシックのみ。
それも、本当にたまに。
自分の人生から音楽をすすんで排除しているようなところがあった。

が、M.Jの死以来、改めて彼の作品を聴くうちに、瞬く間にM.Jの音楽に魅かれ、
再び20年前のように正面から聴くことができるようになった。
(M.Jの曲をスコアに書き写す作業をすると、ますます驚愕する)
これをきっかけにM.Jだけでなく、他のアーティストたちの作品にも関心を持てるようになった。

20年も離れていたのに、M.Jのおかげで音楽のある生活を取り戻せた。
音楽がどれほど心に癒しや情熱をもたらしてくれるものか思い出させてくれた。
自分がこんなに音楽が好きだったことを思い出させてもらえた。
もう二度と音楽に新しい発見や感動を覚えることなどないと思い込んでいたのに。
もちろん楽曲だけでなく、彼のダンスやステージパフォーマンスにもショックを受け、
ライブステージを観る目が大きく変わった。

良い意味でも悪い意味でも、King of POPが散った2009年は私の中でmemorial yearになることは間違いない。

0011a.jpg




タグ:Michael Jackson
ニックネーム Lin at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

生きているだけで

先日、今の仕事先で知り合った友だちが、半年の闘病の末亡くなった。
まだ50歳を過ぎたばかりだったはずだ。
ほとんど誰も事情を知らず、また本人もそれを望まず、家族だけの葬儀が終わってからの知らせだった。

知らなかったにしても、それでも他に何もできることなどなかったか、と問われると、
それは―どちらとも言えない。
死を覚悟したのなら、なおのこと弱った自分を見せたくないと思う気持ちもよくわかるから。
でも・・・大好きなのに飼えないから、と、私が見せる千夜の写真を喜んでくれていた彼女に、
せめて―新しい千夜の写真を送ることくらいはできたはず―

先日、別れた元PartnerのPapieちゃんから
「どうしてももう一度M.Jの“THIS IS IT”を観たいから付き合って」と懇願され、
仕方なく一緒に行ってあげた(彼は“お一人様”が苦手)。
今も友だちづきあいはしているのでそれはいいんだけど、
考えてみると、彼はまさしくM.Jと同年齢。

・・・珍しいことに、ただそれだけのことなのに、
なんだかわけもなく愛しいような哀しいような気持ちになった・・

20091226wo1.jpg

    ちょうどクリスマス目前だったこともあり、映画に付き合ってあげた報酬として?
    ブックレット型のウォレットをプレゼントしてくれた。
    A5サイズです。

20091226wo2.jpg

    開くとこんな感じ。中の生地の使い方がオシャレ〜
    使いやすいかって?   ・・・・・・・・・・

親密さの度合いや、友だちや知り合いになった経緯や期間は関係なく、
私が生きている以上、当たり前に相手も生きてくれているという思い込みをしている部分がある。
私もまた、誰かにとってはそういう存在なのかもしれない。

ともかく、生きていること。
ただそれだけでも誰かの救いになっているんだと知った。


*-*-*-この先はM.Jが好きな方か、「THIS IS IT」を鑑賞した方だけで*-*-*-
ニックネーム Lin at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

壊れた(壊した、とも言う)

あぁ〜・・・・ショック・・・

オーディオ・コンポ、ついにお陀仏・・・!
CD再生はいいのですが、MDが完全に昇天。
怪しい状態になっていたのをだましだまし、
ねじ伏せるように自己流で修理し、
今日、また修理のつもりでやっていて息の根を止めました(笑)

もう10年近くも前に購入したものなので仕方ないと言えば仕方ないのだけど、
当時としてはそれなりにいい仕様といいお値段で、
なのにウサギたちがなぜかステレオ・スピーカーの音に怯えるため、
年に2,3回しか電源を入れる程度しか使わず腐る寸前だったのに、
急にここ半年で今までの9年間のご無沙汰を一気に取り戻すほど酷使して、ついにこの羽目に―
(そうです。M.JのアルバムやRemix作品、その編集で大酷使しました・・・
なぜかウサギたちのステレオ・アレルギーはM.Jの声だと発症しない。
おそらく・・・これまではクラシック専門だったので、声楽系の声やシンフォニーがダメだったのでしょう)

MDメディアもそれなりにストックがあるので、今さらCD再生だけで諦めることもできず。
でも、自分なりにこだわっているメーカーの製品で(オンキョーかパイオニア)、
自分なりに最低限の仕様ラインで絞ってみると・・・はぁ〜やっぱり70,000は下回らない・・・
70,000・・・1TのPCを買いたいところだったんだけどなぁ。。。一眼デジも。

そうこうしているうちに、洗濯機と冷蔵庫もDVDプレーヤーも怪しいような―

20091201chi5.jpg

     千夜のホット・スポットでもありました・・・

私は磁気系家電品の破壊魔なので(ハンパじゃない静電気体質)、
MP3プレーヤーも半年以上もったためしもなく(現在のプレーヤー4個目)、
なぜかPCのモデム類も1年ともたない。
逆に、その体質と関係あるのかどうかわからないけれど、
時計の電池はなぜか4年以上もつ・・・という具合に、
家電品の故障は使用頻度や年数で単純に測れないところがあるので、本当に怖い。

家にいるときは、やっぱりちゃんとした音源の、ちゃんとしたアンプとスピーカーで聴きたいものねぇ・・・

20091205xmas.jpg

     12月になったので、恒例のクリスマス・オーナメントを。
     千夜がいるので例年のように壁に掛けることができず、
     千夜のジャンプが届かない天井に。
     ・・・これじゃあ、大運動会だよぉ・・・
ニックネーム Lin at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする